私が税理士として独立開業を決断した理由

この度、税理士事務所を開業することになりましたが、今回は開業を決断した理由について書いていきます。

元々、税理士の有資格者は、開業税理士として独立し、自分の事務所を構えて仕事をするのが一般的でした。

但し、近年は、税理士の有資格者となった方でも、元々仕事していた事務所での勤務を続けるケースや、場合によっては一般企業の社員としてお仕事されているケースが増えています。

なぜそのような傾向になりつつあるかというと、主な理由は、やはり安定志向、すなわち、独立して生活していけなくなるリスクを背負うよりは、給料をもらいながら安定した生活がしたいと考える方が増えたからでしょう。

また、それと関連する話ですが、会計業界自体、成長産業ではないということも、独立開業を躊躇させる一つの要因となっています。

そのような環境で、なぜ私は独立開業を選択したのか。

理由としては大きく二つありますが、一つ目は、自らが経営者として経験したこと、苦労したことを、経営のアドバイスに活かせると思ったことです。

事務所の起業、売上の拡大、コスト削減、融資・資金調達・・・といった課題から、今後事務所をどのようにしていきたいかというところまで、自分自身で考え、実行し、成功や失敗を経験しながら進んでいくことが、やがて大きなものになるという思いで取り組んでおります。

二つ目は、自らが経営者となることで、経営者の方と同じ視点で物事を考えられるようになるという点です。

私は、前職は会計事務所に勤務しており、その中で経営者の方とお打合せしたり、電話、メール等でやり取りさせて頂く機会がありましたが、どうしても一介のサラリーマンでは、経営者の方の悩みや苦労というところまで考えが及ばない部分がありました。それを埋めるには、自ら開業してみるのが一番かなと考えました。
その他、自分自身で意思決定できるというところも、独立開業のメリットだと感じています。

独立開業することが正解かどうかは自分自身まだわからない部分もありますが、強い思いを持って、またリスクを負って独立開業を果たした以上、それが正しい選択だと思ってやっていくしかありませんし、何よりそれが正しい選択だったと思えるように努力していく他ないと思っております。
その中で、これまでお世話になった方々、これからお世話になる方々への感謝の気持ちを忘れずに努力していく所存です。

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

池袋の税理士事務所 会計事務所タクシス

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です