クラウド会計freee 交通費の経理にモバイルSuicaを活用

事業をする上で避けることのできない出費の一つに交通費があります。
そして、意外に面倒なのが、交通費に関する記帳です。

クラウド会計freeeでは、交通費が発生した場合の記帳方法がいくつか存在しますが、一番便利・ラクで、かつ確実な方法が、「モバイルSuica」を利用した記帳方法です。

私もモバイルSuicaにて近隣交通費の支払いを行っていますが、freeeのアカウントとモバイルSuicaを紐づけることで、交通費の利用履歴をそのまま会計帳簿に反映させることが可能となります。

クラウド会計は、使い方次第で、これまで経理処理に要していた手間と時間を減らしてくれる便利なツールです。

ただでさえ面倒な経理処理をなるべく時間や手数をかけずに行うことができれば、その分本業に時間を割くことができるので便利ですよね。

使い方を簡単にご紹介

freeeに口座として登録する

モバイルSuicaの明細をfreeeに取り込むには、口座登録が必要です。

freeeには、「口座」という概念がありますが、「口座」を簡単に表現すると、銀行口座もモバイルSuicaも、freee上では「それぞれ別の一つのお財布」のような扱いとなります。

それを最初に登録することで、そのお財布に関する入出金(利用履歴)をfreeeに自動入力させることが可能となります。

手順としては、まず、メニューの「口座」から「口座を登録」を選択します。
そして、その中から、「モバイルSuica」を検索し、選択します。
選択後、登録ボタンを押すと、「モバイルSuica」用の口座がfreeeに設定されます。

その後、利用履歴を取り込むためには、モバイルSuicaで利用するID、パスワードをあらかじめfreeeに記憶させておく必要があります(下記画面)。
ID、パスワードを入力して、「同期する」ボタンを押せば、初期設定完了です。

利用明細を取り込む

口座の一覧からモバイルSuicaの口座を選択し、「今すぐ同期」を押すと、同期が開始されます。

一度入力したログイン情報は、入力する必要はありません。
但し、「画像認証」が必要となるため、その指示に従って文字列を入力することで同期が開始されます。

取り込まれた利用履歴は、ほぼ全ての明細に、勘定科目(旅費交通費)や乗車駅、降車駅、金額といった情報が入力されている形式に既になっているため、基本的には、ワンクリックで記帳が完了します。

より詳しい使い方、説明については、freeeのサイトをご覧頂ければと思います。

参考記事:モバイルSuica – 利用履歴を取り込む




—————————————————————————-
「クラウド会計に強い」池袋の税理士事務所 会計事務所タクシス

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です