事業性評価融資とは

「決算書の内容や保証・担保だけで判断するのではなく、事業内容や成長可能性等も評価して融資する」ことを事業性評価融資といいます。
今回は事業性評価融資について解説いたします。

最近(2014年6月)まで、金融庁は、金融機関に対して「財務内容の良い先」、「担保や保証人がしっかりしている先」に優先的に融資をするように指導していました。
銀行や信用金庫などの金融機関は、融資見込先、融資先に対し、信用格付といって財務内容や事業規模などから貸付先をランク付けしており、上記の「財務内容の良い先」、「担保や保証人がしっかりしている先」というのが、いわゆる「格付の高い先」となります。
そのため、債務超過であったり、赤字決算が連続している会社にとっては、当時は融資を受けることがかなり困難でした。

しかし、2014年7月からは、金融庁の監督方針が大きく変わり、「財務の内容や担保・保証だけで判断するのではなく、事業内容や成長可能性等も評価してリスクマネーを積極的に融資するように」という方針に変わりました。
この「事業内容や成長可能性等も評価して融資する」ことが、上記にも書きました通り、「事業性評価融資」というものです。
すなわち、財務内容が良くない会社でも、成長可能性等により融資を受けられる可能性があるということです。

事業性評価融資を受けるためには、事業内容がしっかりしている会社であることと、融資に値する成長可能性のある会社であることをアピールすること、この二点が重要なポイントです。

「近々まとまった資金が必要だけど、財務内容が良くないと借りられないのでは・・・」とお悩みの経営者の方は、ぜひ弊事務所にご相談ください。弊事務所では、事業性評価融資を受けるための知識、ノウハウを有しております。

池袋の税理士事務所 会計事務所T-Axis・タクシス

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です