個人事業主の開業手続きには、開業freeeが便利

必要な情報を入力するだけで、個人事業の開業に必要な書類が作成できる「開業freee」というサイトがあります。
サイトにも記載されている通り、無料で、簡単に作成できてしまいます。
開業freeeのサイトへ

これから開業される方にとって、税務署への届出に慣れていないのは当然のことです。
それに加え、用紙を入手し、さらに記載すべき事項や意味を確認しながら一つ一つ書くのはとても大変ですよね。

「開業freee」では、画面に沿って、業種、住所、事業所の所在地などを入力していき、その他簡単な質問に回答することで、開業の際に必要な書類を適切に選択してくれます。また、提出すべき税務署なども事前に記載されます。作成が終わったら、印刷し、税務署に持っていく、もしくは郵送し、完了という形になります。
※但し、マイナンバーや印については、印刷後に記入、押印して頂く必要があります。

青色申告されるのであれば会計ソフトは必要になりますので、そのまま「会計freee」もお使いになられるのが効率的かと思います。個人的な意見ですが、「会計freee」は経理の知識、経験がない方でも扱いやすくなっており、また、入力方法も手入力に限らず、自動連動やアプリでの領収書の撮影など、便利な機能が多数あります。
(実は、私も事務所の帳簿はfreeeでやっています!)

—————————————————————————-
弊事務所では、「freee認定アドバイザー」の資格を有しております。
法人、個人に限らず、freeeの導入、効率的な運用については、お気軽に弊事務所にご相談ください。

池袋の税理士事務所 会計事務所T-Axis・タクシス

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です