スモールビジネスに最適 ハンディスキャナ ScanSnap iX100を活用する

こんにちは。「クラウド会計に強い」池袋の税理士事務所、会計事務所タクシスの伊藤でございます。

クラウド会計ソフト用にハンディスキャナ(ScanSnap iX100)を入手しましたが、思いのほか使いやすいので紹介したいと思います。

※詳細の仕様はメーカーのサイトにてご確認ください。
参考:製品情報 ScanSnap iX100

領収書などの会計書類をスキャンすることはもちろんのこと、外出先で資料を受け取らないといけない時でも、紙で受け取るのではなくスキャンしてそのままクラウドに保存なんてこともできてしまいます。

機密性の高い資料や失くしてはいけない資料を持ち運びしなくて良いのは気分的にも楽ですし、セキュリティ的にも有用です。

ぜひハンディスキャナを活用してペーパーレス化を進めていき、IT化、業務効率化を図っていきましょう。

その他、私の感じたメリットは下記です。

1.軽い、かつコンパクト

重さは約400グラムです。サイズもA4の書類が入るカバンであれば問題なく入ります。

私の場合、PCと併せて持ち歩くこともありますが、それほど負担にならないので嬉しいです。

デスクの上に置いても場所をとりません。

2.Wifi接続が可能

PCにUSB接続することも可能ですが、バッテリー駆動でWifi接続することもできます。

3.スムーズに動く

読み取りも早く、名刺やレシートなどサイズの小さい用紙でもそのサイズに合わせて電子化(pdf、jpegを選択可)してくれます。

4.実際に使ってみて

オフィスだけでなく自宅や外出先でも作業をすることの多い私の場合、このように持ち運びできるスキャナは非常にありがたいです。使用している限りストレスを感じることはありませんでした。

決まったオフィスを持たないノマドワーカーの方でも、据置型のスキャナを購入することなく書類を電子化できるので、使い勝手が良いですね。

ビジネスもコンピュータも会計ソフトも周辺機器も、「場所や使用環境を選ばない」というのが一つのトレンドになってきていますね。
—————————————————————————-
池袋の税理士事務所 会計事務所タクシス

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です