税理士試験 理論暗記に王道なし

今回は税理士試験の理論の暗記についてです。

税理士試験を通じて感じたことは、理論暗記には必勝法はない、理論で合格点をとるには愚直に地道に覚えるしかないということです。

裏を返せば、「覚えれば勝ち」なのです。



税理士試験の理論問題では、条文をそのまま書かせる所謂「ベタ書き」問題と、応用問題の2パターンありますが、応用問題でも結局のところ、条文を覚えていることが前提ですので、条文の暗記は必須と言えましょう。

個人的には、暗記の能力にはそれほど個人差はないと考えています。

それなのに、自分は勉強ができないとか、暗記が苦手とか、能力がないとか考えてしまうのは、学力以前に気持ちで負けています。

もし、そのようなネガティブな考えを持っているならば、すぐに捨てましょう。

もう一度言いますが、「覚えれば勝ち」です。

とはいっても、自分自身地道に覚えることをベースにしながらも、ある程度工夫しながら理論暗記に取り組んできて、財表、税法をなんとか突破してきました。

参考になるかわかりませんが、機会があれば自分自身の勉強法についても書きたいと思います。




—————————————————————————-
「クラウド会計に強い」池袋の税理士事務所 会計事務所タクシス


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です