開業税理士登録すると、営業電話とDMが大量に来る件

こんにちは。池袋の税理士事務所、会計事務所タクシスの伊藤です。

当サイトの「個人のつぶやき」では、様々な話題を投稿していく想定でしたが、結局今のところは税理士試験か開業前後のことしか書けていませんね。

徐々に方向転換しようかと考えていますが、今日も開業前後のお話です。

さて、タイトルの通りなのですが、2018年3月に税理士登録して以降、3月末から4月にかけて、いろいろな営業電話とDMがひっきりなしに来ていました。

そのカラクリとしては以下。


日税連(日本税理士会連合会)の税理士検索サイトに開業税理士として記載された

開業税理士登録すると、登録完了とほぼ同時に、税理士の氏名や事務所住所、電話番号などの情報が、日税連の税理士検索サイトに掲載されます。
参考:税理士情報検索サイト

公開される情報の基となるのは、登録申請をした際に書類に記載した情報です。そのため、電話番号を個人携帯にて登録すると、個人携帯番号が公開されます。

私の場合、開業に際して、仕事用の携帯を契約しましたので、そちらの番号にて登録しました。

正確にお伝えすると、登録申請時には個人用の携帯しか持っていませんでしたが、電話番号が公開されてしまうことが後々になってわかりましたので、登録申請書類提出後に携帯契約し、その番号を税理士会に連絡して上書きしてもらいました。

なぜ開業してすぐに電話やDMが届くのかというと。

おそらく、毎月検索サイトの情報を基に、新規登録した税理士を抽出して、営業をかけていると思われます。

事務所のWebサイトを公開した

登録完了に合わせて、裏で作っていたWebサイトを公開しましたが、Webサイト経由での営業電話もしばしばありました。

今の世の中、ホームページ上で電話番号を公開する必要性は正直なところあまりないのですが、信用という意味では公開しておいたほうが良いかなと考えて一応載せています。

まとめ

どのような会社から営業がかかるかというと、ソフト会社、事務所向けコンサル会社、Webの運用・SEO関係、広告関係、税理士紹介会社・・・などですかね。

中には、悪徳というウワサのあるところからも・・・(詳しくは書きませんが)。

私の場合、欲しいサービスや物があれば、自分から情報を取りに行くタイプですので、基本的には営業電話に対しては丁重にお断りしていました。

但し、営業電話やその会社自体が良くないかというと、そういうわけではありません。

そこは実際に電話やDMを受けたときに見極めることが大事です。




告知
税理士試験、税理士登録、独立開業について質問箱始めてみました。頂いた質問については、今後の記事にて回答します。
リンク:質問箱
事務所Twitterアカウント 更新情報はこちらでも確認できます

—————————————————————————-
「クラウド会計に強い」池袋の税理士事務所 会計事務所タクシス


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です