今更ながら相続税を勉強しようと画策中

相続税、実はそれは私にとっては未知の領域です。

元々、税理士になろうと思ったきっかけは、端的に言うと、経営に関わる仕事、それも経営をサポートする側に回りたいと考えていましたため、どうしても法人税法、消費税法の勉強は必須でした。そして、後の一科目は戦略上の理由から所得税法を選択しました。
※詳細は下記の記事をご覧ください。
記事:税理士試験 法人税法&所得税法W受験の妙味


となると、相続税については、自ら勉強するか、実務で携わるかしないと、全く関与する機会もありませんし、当然ながら仕事を受けることも難しくなってしまいます。

実際のところ、相続の仕事は受けないという税理士もいますし、逆に相続専門の事務所もあったりするので、相続をやらないことは問題のあることではありませんが、税理士として活動していると相続に関する相談があるのも事実なんですよね。それに、結局のところ、相続税は、法人税とも所得税とも関連する部分もあるので、勉強しておいたほうが良いのも事実。

先日の話ですが、あるところから相続の案件についてのお話を頂きましたので、相続対応しているつながりのある税理士を紹介しようと考えていました。それで、その税理士に話を持ち掛けると、「一緒にやりましょう」との返事が!

私としては想定外でしたが、税理士としてやっていく上で相続案件に対応できないと、もちろん収入を得る機会が減るということもありますが、何よりも相談してきてくださった方に申し訳ないという気持ちがありまして。私もその提案を有難く思い、案件が発生した際には一緒に仕事させて頂きたいと考えています。

そんなわけで、今いろいろ計画を練っています。書籍を読む、実務に携わる、実務講座を受ける、もしかしたら税理士試験の講座に通ったりするかも・・・とか。

税理士試験で科目選択しなかったからといって、相続の仕事を受けてはいけないわけでは全くないですし、むしろ実務に携わらないと得られないことが相続関係ではあるかと感じています。

私のような、勤務時代に相続案件に関わったことのない人間、そして、相続の科目合格していない人間でも、お客様のニーズに応えたいという気持ちがあればできる、というところを何とか証明したいところです。

告知
税理士試験について質問箱始めてみました。頂いた質問については、今後の記事にて回答します。
リンク:質問箱

事務所Twitterアカウント 更新情報はこちらでも確認できます





—————————————————————————-
「クラウド会計に強い」池袋の税理士事務所 会計事務所タクシス


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です