質問に回答 個人税理士事務所での実務経験について

質問箱にご質問を頂きました。ありがとうございます!

文字数の関係で簡単にしかお答えできなかったので、当記事にて詳細を書いていきます。



小規模事務所での実務経験のメリット

個人的な意見ではありますが、独立前に一度でも小規模事務所で働いたほうが良いと考えています。

その理由は、個人で独立開業するには、税務以外の知識、経験、ノウハウが必要となるためです。

具体的には、広告宣伝、集客、営業手法といった部分や、経理やIT・システム、人事、総務などのバックオフィス関係、細かい部分だと所長のマネジメント方法、対人折衝力、実務知識などでしょうか。

また、上記の他にも、契約前の面談や価格交渉、契約の締結といったところも、独立したら自分自身でやっていかなければならない部分です。

小規模事務所の場合だと、所長と比較的近い位置で仕事をすることが可能ですので、自分自身が独立する際には、そこで見たり聞いたり体験したことをダイレクトに事務所づくりに反映させることができます。

逆に、良くないなと感じた部分は反面教師として捉えれば問題ないわけです。

物理的にモノや情報を盗むのはNGですが、個人事務所に勤務することで得たものを、独立開業時に活かさない手はありません。

期間は長すぎないほうが良い

ご質問頂いた方の場合だと、大手の税理士法人に勤務されているとのことですので、個人事務所では扱えないような大規模な案件や高度な知識が必要とされる案件に関わる機会もあるかと思います。

但し、個人事務所の場合、高度な税務知識が必要とされない案件が必然的に多くなります(事務所にもよりますが)。

そのような観点から見ると、長く勤めたからといって、勤務期間に比例して得られるものがあるかというと、そうではないというのが私の見解です。

高度な税務知識、実務経験がある方であれば、一通りノウハウを吸収したら独立、という考えでも悪くないと思います。

特に、税務関係だと、一年で一通りの業務を経験することになるので、独立を考えている有資格者が一年以上同じ事務所に居続けることは、実務経験という点では意味はあまりないように思います。

場合によってはロスになることも考えなければならない

個人事務所の場合、その代表税理士がトップであり、マネジメントはその税理士次第です。

少し失礼な言い方にはなりますが、個人事務所では、大規模な組織では考えられないようなおかしなやり方、非効率な進め方をしている場合もあります。

勤務する上で、「当たりはずれ」はどうしてもありますので、勤務する前の面接などで見極める必要はありそうです。

大規模事務所、個人事務所それぞれで得られるものは違う

大規模な会計事務所でしか得られないこと、個人事務所でしか得られないこと、それぞれあると思っています。

その二つの環境を少しでも経験しておくと、いざ独立開業する際には、その経験が大きな強みになるのではないでしょうか。




告知
税理士試験について質問箱始めてみました。頂いた質問については、今後の記事にて回答します。
リンク:質問箱
事務所Twitterアカウント 更新情報はこちらでも確認できます

—————————————————————————-
「クラウド会計に強い」池袋の税理士事務所 会計事務所タクシス


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です