税理士試験突破のためのメンタル強化術3 苦しくなったら原点に立ち返れ

前回の記事:税理士試験突破のためのメンタル強化術2に続いて、メンタルに関する記事は今回は3つ目です。

今回のテーマは、「苦しくなったら原点に立ち返れ」です。

※ぜひメンタルに関する他記事も機会があればご覧ください。
過去記事リスト:試験突破のためのメンタル強化術


原点に立ち返るとは

税理士試験の勉強に励んでいると、どうしても時に苦しくなったり、やる気が起きなかったりするものです。

それは決して悪いことではなく、人間誰しもが経験することですので、がんばれない自分を責めないほうが良いです。ただ、考え方により、自分自身を奮い立たせることはできるはずです。

私も決して短くない受験生活の中で、自分自身に活力を与えるいろいろな思考を身につけてきました。

そのような際に、私がオススメする思考方法として、「苦しい時、辛い時は原点に立ち返る」があります。

税理士を目指そうと考えた時、受験勉強を始めた時など、それぞれの人ごとに原点がありますが、その原点には必ず、税理士になろう、税理士となって○○を実現しよう、といった強い気持ちがあったはずです。

試験勉強中は、目の前のことに集中しすぎて、いろいろな気持ちを忘れがちです。また、仕事で忙しい時期が続いたりすると我を失ってしまうこともあるでしょう。

その中で、苦しい時こそ一旦立ち止まって、それらの気持ちを思い出し、気持ちを一新させることで、新たな活力を得られるのではないでしょうか。

また、定期的に自分の当初の気持ちを思い出す時間をあえて作って、自分自身と向き合うというのも良いかもしれません。

自分の意志が何よりも大切

以前の記事でも書きましたが、何かを成し遂げる上で最終的に支えとなるのが、「将来こうでありたい」、「いずれこうしたい」という意志です。

強い意志を持っている人は、どんなに苦しい状況に立たされようと、どれだけ理不尽な目に遭おうと、その強い意志が、その苦境を打破しようと自分自身を突き動かします。

税理士試験においても同じで、税理士になってやるという気持ち、税理士になって何かを成し遂げたいという気持ちがあれば、どんな辛い苦境に立たされようとそれを乗り越えて、最終的に合格できると確信しています。

どうか自分自身の意志、気持ちを大切にしてがんばってください。




告知
税理士試験について質問箱始めてみました。頂いた質問については、今後の記事にて回答します。
リンク:質問箱
事務所Twitterアカウント 更新情報はこちらでも確認できます

—————————————————————————-
「クラウド会計に強い」池袋の税理士事務所 会計事務所タクシス


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です