クラウド会計freee スマホでレシート類を撮影して手軽に帳簿付け

会計の帳簿付けはこまめにやることに越したことはありません。

少しでも溜めこんでしまうと、帳簿付けや書類の整理といった作業がものすごく負担に感じてしまいますし、計上漏れや二重計上などミスの原因にもなってしまいます。

freeeでは、そんな面倒な記帳作業も、スマホでレシート類を撮影することで帳簿付けできてしまうんです!
「ファイルボックス」という機能がそれに該当します。

ファイルボックスとは、会計freeeで利用できるファイル管理機能です。

撮影、もしくはスキャンされた領収書や請求書の画像(JPEGやPDFなど)をfreeeにアップロードすることで、会計データとその証憑、という形で関連付けすることができるものです。

また、ファイルボックスを利用するメリットは、レシート類に記載された日付、金額などを、OCRで読み取りしてくれるので、記帳の手間が省けるのと、入力ミスを減らせるという点です。

ただ、何よりも最大のメリットは、手軽にスマホで帳簿付けができてしまうところでしょう。

私も、実はファイルボックス機能を使用している一人です。移動中や空き時間に、会計freeeのアプリを起動してレシートを撮影したり、帳簿付けしたりしています。レシート類の撮影と銀行口座の自動連動機能を使い、自分の帳簿付けはほぼスマホで済ましています。

帳簿付けは、PCに向かってやるもの、まとめてやるもの、そして、知識のある人がやるもの、と思われがちなのですが、freeeやMFクラウドといったクラウド型会計ソフトは、良い意味で裏切ってくれました。

そのメリットを最大限享受しない手はないと私は考えております。

※詳細は、下記リンクをご覧ください。
レシート類の取り込み機能-ファイルボックス-

弊事務所では、「freee認定アドバイザー」の資格を有しております。
法人、個人に限らず、freeeの導入、効率的な運用については、お気軽に弊事務所にご相談ください。





—————————————————————————-
池袋の税理士事務所 会計事務所タクシス

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です